japanese-misuses

誤用の多い日本語まとめ

周囲の人やテレビに映っている人が使っている誤った慣用句や言い回しを正しい日本語だと思い、それをそのまま間違って覚える人は多くいます。そんな誤用しがちな日本語をご紹介します。

穿った見方

疑ったような物事の見方という意味ではありません。本来は物事の本質を捉えた見方を意味します。

さわり

さわりの部分とは冒頭部分を指す言葉ではありません。本来は一番盛り上がる部分クライマックスを意味します。

敷居が高い

高貴高級身分に相応しくないという意味ではありません。過去に相手に対して不義理や面目がないことがあって、訪ねるのに躊躇うことを意味します。

潮時

物事の引き際終わり時という意味ではありません。丁度いい時期いいタイミングを意味します。また、何かが終わる時だけではなく何かを始める時にも使います。

斜に構える

ひねくれるという意味ではありません。真剣に取り組む姿勢を意味します。語源は剣道で、開始前に相手と正対して竹刀を傾け合う姿から来ています。

失笑

面白くないので笑いが失くなるという意味ではありません。思わず吹き出して笑うことを意味します。

失笑を買う

失笑と似た言葉として失笑を買うがありますが、こちらは相手を見下しながら笑うことを意味します。近い意味の言葉としては苦笑や憫笑(びんしょう)があります。

気が置ける

相手に気を許せる信頼しているという意味ではありません。気が許せない信頼していないという意味です。信頼している場合は気が置けないと言います。

煮詰まる

物事や話し合いが上手くいかず、膠着状態にあることを意味しません。話が上手くまとまっていく様子を意味します。

小春日和

春の暖かい天気の良い日を意味しません。晩秋から初冬にかけての暖かい日を意味します。

酒池肉林

破廉恥な宴を意味しません。お肉やお酒が沢山あり、贅沢な食事を意味します。

すいません

すいませんは誤用です。正しくはすみません済まないが語源です。

奇特

奇人変わり者を意味しません。特別に優れていること行いが感心なことを意味します。

檄を飛ばす

大声をあげること叱咤することを意味しません。自分の考えや主張を多くの人々に広めることを意味します。語源は古代中国で考えを広めるために使われた檄文という文書。

「誤用の多い日本語まとめ」への1件のフィードバック

  1. 批判が無いのが残念でしかたありません。
    非難と混同された誤用が多いですが、本来は批判理論や批判哲学に観るように
    事実に基づいて判断を下すという意味です。
    批判という字にも事実を付き合わせて判断するという意味はありますが、否定や非難の意味はありません。

コメントを残す

CAPTCHA