グリーが業績悪化で社員の11%に相当する希望退職者を募集!


2013年10月2日、業績が低迷しているグリー(GREE 3632.T: 株価)が200人の希望退職者を募集すると発表しました。

業績が振るわないなか、収益性を上げるために事業規模を縮小し、適正化するとしています。募集人数の200人とは、同社の単体ベースの従業員(1762人)の約11%にも相当します。

募集期間は2013年10月9日から28日までで、2014年6月期の業績予想への影響は、現時点で合理的な算定が困難なため、未定としています。

一時は飛ぶ鳥を落とす勢いで業績を伸ばしていましたが、2013年内だけで見ても株価は年初来高値1488円から734円(13/10/02) と半分以下となり、年初来安値を更新しました。

2011年に行われた「TOKYO GAME SHOW 2011」で社長の田中 良和(1977年2月18日- )氏は、ソーシャルゲームに似たようなものが増えているとの指摘については「(作り手)は早く変化しすぎずに、(ユーザーが)いま欲しいと思っているものを提供するべき」とした上で、「あるゲームが流行ったら、同じようなものを作りまくるべき」と語っていましたが、その転換期がきているのかもしれません。

source