rp_34b8f949.jpg

メンズスーツのおしゃれな着こなし方!重要なルールとコーディネートのコツ

袖口から少しだけカフが見えるように

how-to-dress-suits-add (15)-s
Kārlis Dambrāns

背後から見たときに見えるシャツのカラー(上襟)と同じ長さ分、スーツの袖口からシャツのカフが見えるようにして下さい。0.5インチ(1 cm強)が理想です。こうすることで調和の取れた外観を得ることができます。

シームリッパーが必要

刺繍やステッチを自前でほどくために、シームリッパー(スティッチリッパー)やハサミを1セットは持っておくことをオススメします。携帯しろという意味ではありません。

Suit Rules (26)-lll

スーツのジャケットはお尻やジッパーが十分に隠れる長さであるべき

how-to-dress-suits-add (13)-s
TaylorHerring

お尻が見えるくらい着丈が短かったり、ウェストが異様に締まったスーツは流行していますが、ちょっとみっともないです。特にフォーマルな場面では控えた方がいいでしょう。

ネクタイの剣先はウエストバンドに到達、或いは僅かに短いくらいが良い

how-to-dress-suits-add (12)-s
Erin Costa

ネクタイがあまりに短いのも間抜けに見えてしまいますが、真っ直ぐ立った時にベルトのバックルが完全に隠れるようではちょっと長すぎます。
でもどちらかと言うと、ちょっと短いよりかはちょっと長い方がまだマシです。

ディンプル(dimple)を作る

how-to-dress-suits-add (14)-s
Kent Wang

ディンプルとはネクタイの結び目に作る窪みや折り目のこと。慶事にはディンプルを作りますが、弔事には作らないのが礼儀作法。でも、めでたいことがない平凡な日常でもディンプルを作ってOKです。

(上の写真はシングルディンプル)

ネクタイのディンプルを上手に綺麗に作るコツ|とざなぼ

シングルディンプル
single dimple
ディンプルを中央に一つだけ作るもの。
ダブルディンプル
double dimple
左右に二つのディンプルを作るもの。

パンツのすそは靴の上部にギリギリ接する長さ

how-to-dress-suits-add (10)-s
Kuhlman

保守的なファッションの場合、靴ヒモや靴の上部にパンツの裾が接するようにする必要があります。ただし、必要以上長くて靴に接触しすぎるとクリース(パンツの縦の折れ目)が折れ曲がり、不恰好になるので注意してください。

座った時に靴下が露出するも、スネが見えないように

座っても靴下が見えないのはパンツの丈が長すぎます。かと言って、スネ毛が見えたらもっと最悪です。

たくさん汗をかく場合は、アンダーシャツを着用する

先程、ワイシャツは下着だと説明しました。
しかし、ワイシャツが下着だから、その下に更にアンダーシャツを着るのは誤りだ!と固執するのもまた間違いです。夏場、2ピーススーツで上着を脱ぐことを想定しているなら絶対に着ることです。アンダーシャツを着ずに白のシャツだけだと、色々と透けて見えてしまいます。

特に仕事の時はアンダーシャツを着ましょう。女性陣も目のやり場に困りますし、汗もかかないほど仕事の手を抜くつもりか?と皮肉を言う陰険な上司に目をつけられたら面倒です。

「メンズスーツのおしゃれな着こなし方!重要なルールとコーディネートのコツ」への8件のフィードバック

  1. 1着は凄い上等なスーツ欲しいなーと思いつつなかなか手が出せない

  2. 夏用にとリネン地のスーツこしらえて着てみたら
    あっという間にシワシワになるでござるなwww

  3. はじめまして、こんにちは!
    記事の上から6、7枚目はどこのメーカーなのか教えて頂けないでしょうか?
    すごくカッコいいと思いました。

  4. >>ゴールドシップさん
    こんにちは、初めまして。
    6枚目は調べても分かりませんでした。すいません。
    7枚目については、NYの仕立て屋さんのカスタムメイドみたいです。詳細は本文の画像のすぐ下に追記しました。

  5. 「ネクタイの結び目の大きさは頭や顔の大きさで変える」とありますが、顔よりシャツ襟の種類やスーツスタイルの系統で変えるべきでは…?

コメントを残す