メンズスーツのおしゃれでカッコイイ着こなし方

2017/08/08

メンズスーツのおしゃれでかっこいい着こなし方にはルールとコツがあります。

スーツファッションにはカジュアルからフォーマルまで様々な楽しみ方がありますが、それらをひっくるめて今回はこれさえ押さえておけば自然とオシャレに見えるという着こなし術を、流行スタイルを交えて紹介します。

ネクタイの色

how-to-dress-suits-add (1)-s
Remixer96
  • ネクタイの色はシャツより暗くする。
  • ドレスシャツよりもネクタイが明るいと、なんだかぼんやりする傾向にある。
  • この傾向は必ずしもというわけでは無いが、暗いネクタイをすることで無難なコーディネートが可能となる。

カジュアルの流行スタイル

how-to-dress-suits-add (16)-s
Eva Rinaldi
  • 流行は、1つボタンのピークドラペルのジャケット。
  • これは1つボタンの方がカジュアルということを意味するわけではない
  • あくまでこのスタイルがカジュアルの中で流行している、というだけの話。

スーツのボタン数と格式の高さ(フォーマル度)

1つボタンより2つボタンの方がよりフォーマルだという人もいますが、私の知見ではこれは誤りです。世界が認める最上級のフォーマルは1つボタンです。

幅の細いナローラペルを使う

ラペル(Lapel)とは、スーツの襟のことを指します。

ラペルの幅は細い方がいいというのが現代の流行です。ラペルの幅が広いとどうもおじさん臭く見えてしまいます。

how-to-dress-suits-add (4)-s how-to-dress-suits-add (5)-s
San Sharma

ラペルの幅

レギュラーラペル
Regular lapel
平均的な幅のラペル。幅は8 cm~8.5 cm程度。
ナローラペル
Narrow lapel
細目のラペル。幅は5 cm~7.5 cm程度。
ワイドラペル
Wide lapel
太めで幅の広いラペル、風で舞い上がらないように固く重く加工してあることもある。幅は9 cm~10 cm程度。

ネクタイの幅の決め方

Suit Rules (7)-lll
Buzzfeed
  • ネクタイの幅とワイシャツのカラー(襟)やスーツのラペル(下襟)幅が同じになるようにする。バランスが重要。
  • 最近は細いラペルが流行しており、同時にネクタイも追従して細くなってきている。

最近は細身のネクタイが流行ですよと勧めてくるスーツ店員さんは多くあながち間違いではありませんが、彼らがこの法則を理解した上で言っているかは正直言って疑わしいです。

もし、ワイドなラペルと細いネクタイをセットで勧めてきたら店員さんのセンスを疑ってみて下さい。

そして、店員さんのスーツ姿を見てみてください。店員さん自身がカッコイイ着こなしをしていない場合は、いいアドバイスは貰えないと覚悟しましょう。