rp_695fd9aa.jpg

ゴッホの油絵技法で作る12fps映画「Loving Vincent」予告編

ひまわり、夜のカフェテラスなどの作品で有名な、オランダ出身でポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。
彼の生涯を、彼独特の画風を駆使して映画にしようという試みがなされ、そのトレーラー(映画予告編)がyoutubeで公開されています。

秒間12枚(12 FPS)の映像にはゴッホ独特の画法・技法が使われていて、全て実際に描かれた油絵が使用されており、このトレーラーには100人以上の油絵画家が関わっています。

Loving Vincent
http://www.lovingvincent.com/

Loving Vincent – Trailer 2016 (web)

こちらは2012年5月に公開されたもの。

Loving Vincent – film brings the paintings of Van Gogh to life

フィルムは、オスカーを受賞したことがあるスタジオBreakthru FilmsTrademark Filmsが手がけます。

映画を制作するにあたり、webでは条件を提示したうえでその人員を募っています。
もちろん、誰でも参加できるというわけではありません。

  • 油絵の高度な技術を持っている
  • ポートフォリオを送信して審査を受ける
  • オーディションに合格する
  • 180時間の集中トレーニングを受ける
  • その上で採用されるか最終決定される

かなりハードルは高そうですが、興味のある方はぜひ応募してみては?

コメントを残す

CAPTCHA