「赤いはずの静脈が青く見える理由は錯視」というのは分かるけど、ナゼ青色に見えるのか(解説)

vein_blue_s
先日話題になったお話。“青い”静脈、実は“灰色” 目の錯覚と確認という記事が出て、ネットで話題となりました。記事によると「静脈の無い部分の皮膚の色よりも相対的に静脈の青色が強いから青色に錯覚する」とのことですが、よくよく考えてみると「血管があるんだから相対的に赤く見えるべきじゃないのか?」と疑問を持った人もいるのでは?

確かに、静脈とは言ってもよく図解で説明されるように青い血管が走っているわけでもなければ青い血液が流れているわけでもないのに、なぜ相対的に青色が強くなってしまうんでしょうか?

その答えと具体的な説明がこちらで紹介されていました。

「赤い血」が流れてるはずの静脈が「青く」見える理由(納得したい人向け)

ちょっと長くてややこしいのですが、簡単に説明するとこうです。

概要

皮膚に白い光が当たった時、皮膚の直下に静脈があろうと無かろうと、波長の短い青色の光子はすぐに皮膚の浅い部分で反射します。つまり静脈の有無に関わらず反射している青い光の量は大体同じ。

一方、赤い光は波長が長いので、皮膚の内奥部まで入り込みます。この時、静脈にぶつからなかった赤い光子はある程度皮膚に吸収されて外へ出てくるのですが、太い静脈血管とその中を流れる血液にぶつかると赤い光はより吸収されてしまい反射する赤い光は弱くなり、結果として相対的に青色が強く見えるので静脈が青く見える、というわけ。

ちなみに動脈は皮膚表面からもっと深い部分にあるので見ることが出来ません。

コメントを残す

CAPTCHA