全長数ミリの極小ロボットの作業風景が近未来!

2016/05/05

nano_machine
スタンフォード大学でスタンフォード研究所(Stanford Research Institute)として設立された後、スピンオフした研究機関「SRI International」が体長数ミリのという極小サイズのロボット集団を開発しています。

SRI Internationalは複数の小さなロボットそれぞれに対して、他のマイクロロボットに影響を与えることなく制御できる磁気面を作り出すという技術革新を目指しています。

反磁性マイクロマニピュレーション(DM3)技術

SRI Internationalは、プリント基板を使った「反磁性マイクロマニピュレーション(Diamagnetic Micro Manipulation, DM3」という技術を開発・特許取得しており、これは電磁作用で動くマシンを安価な磁石だけで駆動制御することが可能となる技術です。

これら虫のような数mmのロボットは電磁作用によって壁を登るほか、局面の回路上を滑るように移動するなど、指示された動きを高速に行うことができます。移動最高速度として 35cm/s の最速記録を持ちます。

次の動画には、磁気で制御されたミリサイズのマシンがお互いに協力して構造物を作っている様子が映し出されています。

Magnetically Actuated Micro-Robots for Advanced Manipulation Applications

動画では2体のロボットが作業しています。1体が炭素繊維で作られたロッドに接着剤を塗布し、1体がそれを所定の位置にくっつけていたり、カーボンロッドを次々と接着してトラスに似たマクロスケールの立体構造物を作っています。

SRI Internationalはこれらのミリメートル規模の制御技術に次のような活用を考えているといいます。

  • ピック・アンド・プレース製造
  • オプトエレクトロニクス及びハイブリッド回路などの電子機器製造
  • ラピッド・プロトタイピング
  • 非シリコンベースの電子機器を構築するための軍事、宇宙機器の製造
  • バイオテクノロジーになどに関する品質の高い極小製品の製造

sri_ant_robots-s
凄い技術ですね。未来では磁気シートの上でなくとも移動することができるマイクロロボットが開発され、軍事・政治目的で極小ロボットたちによるスパイ活動が暗躍したりしちゃうんでしょうか。

source