rp_59f29b4d.jpg

車のバンパーのヘコみを熱湯を使って一瞬で直す荒業

車のボディーが凹んだ場合、普通であればどこかへ修理をお願いするものですが、この人は自分でバンパーのヘコみを直しました。それも熱湯だけで。

バンパーのへこんだ部分に鍋いっぱいのお湯をかけた後、内側から手でグイグイ押すとアラ不思議・・・!

Выравниваем бампер с помощью кипятка

多くの車のバンパー素材は、ポリプロピレン(polypropylene, PP)で、熱を与えると柔らかくなります。

繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics, FRP)などは強度が高い反面、重く、破損した場合はそこから大きな亀裂が生じたり、割れ口が鋭利となるため、歩行者を保護する観点からも使われないそうです。

っていうかこの人、熱湯が足元を流れてるのに、裸足で熱くないんだろうか・・・。

コメントを残す

CAPTCHA