[錯視] 立体的な奥行きの錯覚に陥る不思議な絵画

3d_painting_trick
自分の視点が移動すると、それに合わせてまるで実際にある立体の部屋と同じように見える不思議な感覚に捉われる3Dトリックアート。

これらが錯覚だと分かっていても、どういう原理でどういう仕組みか分かっていても、初めて見る作品はやっぱり「あれ、どうなってる!?」と思ってしまうもの。

Weird perspective of a painting found in Windsor, England

美術館のような部屋にいくつもの絵画が飾られた部屋を描いた1枚の絵、見る角度によって見え方が変わる面白い絵。近づいてみると、実際なら奥にあるはずの絵や入り隅の壁は突出して作られており、逆に出隅の部分は凹ませて作ってあります。
凹凸を逆にするだけで錯視が起こる、原理は分かっててもやっぱり不思議・・・。

コメントを残す

CAPTCHA