スーパーカーでサーキットコースに走りにきた男性が走る前にキー閉じ込みをしてしまう

ke-nigguzegu
スーパーカーでサーキットコースに訪れた男性。車はケーニッグゼグ・CCRという高級スポーツカーで、スウェーデンの自動車メーカーであるケーニッグゼグが製造・販売していたスーパーカー。お値段はなんと60万ドル(5,600万円)!

うっかりカギを車内に忘れたままロックしてしまった男性は・・・

なんとハリガネを窓ガラスの隙間からねじ込んで車内にあるキーを救出しようと試みます。

それにしても、キーを閉じ込めてしまわないように、車内にキーがある時にロックしようとするとアラームが鳴る機能がこんな高級車でもないのでしょうか。なんとも虚しい光景です。

最終的に彼は鍵の取り出しに成功して周囲に祝福され、サーキットを思いっきり駆け回るのでした。