面白い電源タップTwistVolt

Power_tap (5)-s
壁等に設置されたコンセントから離れた場所の、あるいは複数の電気器具に電源を供給するための電気器具「テーブルタップ」(電源タップ)。これらは誰もが重宝している便利なデバイスのひとつです。

しかし市販されているものでよく見るデザインは、どれも細長くただ一様にコンセントが並んだものばかりでちょっとつまらない。

「TwistVolt」はそれを解消することが目的でデザインされたテーブルタップ。コンセント1つ1つの角度を変えることができます。これを開発したMichael Schroeder氏は現在kickstarterでクラウドファンディングを行っています。

Power_tap (1)-s
一般的にはUSBを接続する場合は専用のアダプタを介することが多く、コンセント部分でそれらが干渉することもしばしばありますが、「TwistVolt」は標準でその機能を備えているため、アダプター無しで電源とデバイスをUSBで繋ぐことができます。

Power_tap (3)-s
Power_tap (2)-s
通常は真っ直ぐですが、このように様々な形に変形させることが可能。

Power_tap (4)-s
家電量販店なんかに売ってる白色やダークグレーのボディに赤のランプが点いてる(ダサい)テーブルタップと比べるとやっぱりこっちの方がいい!

A new twist on the power strip, TwistVolt

「TwistVolt」の内部構造やデザイン構想などのより詳細や、クラウドファンディングに関する情報はこちら

コメントを残す

CAPTCHA