スーパーマリオワールドを6分足らずでエンディングに導く強者が出現!

super-mario-time-attack-bug-5-minutes-59-seconds-6
任天堂から1990年11月21日に発売されて、世界で約2061万本も売れているスーパーファミコン用ゲームソフト『スーパーマリオワールド』(Super Mario World)。

プレイをしたことがある人ならどれだけ時間がかかるか分かると思いますが、このゲームをたった6分たらずという驚異的なスピードでエンディングを迎えることに成功する超人が現れました。

2つのタイムアタック方式

時間の計測には以下のように2つの種類がありますが、今回のルールはタイムアタック方式です。

タイムアタック

ミス操作も時間経過に含める。通称TA。英語ではSpeedrunと呼ばれる

ツールアシステッドスピードラン

ミスした箇所の直前からやり直しを繰り返す方法。通称TAS

バグを利用して強制的にエンディングへ

この6分という驚異的なタイムは素直にプレイすればどんなに頑張っても実現することは不可能ですが、バグを発生させることが出来れば強制的にエンディングに持ち込むことが可能で、彼はそれに挑戦しました。

ただ、このバグを再現するにはゲーム内で様々な条件をクリアしなければならず、人力では再現不可能とされていました。
しかし、彼はそれを実現してみせました。

驚異的なタイム5分59秒6

人力では不可能とされる難易度にも関わらず、成功までの所要時間は5分59秒6という驚異的な早さ。

下の動画では、ゲーム内の制限時間が迫る中で次々と条件をクリアしていく様子を見ることができます。

主人公のマリオはステージ内を左右に行ったり来たりで一体何をしたいのかサッパリ・・・という感じですが、全てはバグを発生させるために必要な工程。

Super Mario World — Credits Warp in 5:59.6 (Non-Emulator World Record)

コメントを残す

CAPTCHA