イギリス、スコットランド独立投票に「NO!」で大儲けした市民

2016/05/05

900000_pounds_scotland_vote_gambling_s
pic:Wattie Cheung|dailymail
2014年9月18日に行われた英国からのスコットランド独立の是非を問う住民投票で、独立否決に90万ポンド(約1億6000万円=約327000ドル)もの大金を賭けたロンドン市民がいました。
計算時の為替レートは(1英ポンド = 178.195244 円)

男性か女性か性別は不明ですが、この市民は翌19日に賞金約20万ポンド(約3550万円)を受け取りました。

大手ブックメーカーのウィリアムヒルによれば政治的分野での賭け金としては過去最高額となります。

ブックメーカーとは、欧米におけるギャンブルを取り仕切る賭け屋のこと。 bookmakerを縮めてBOOKIE(ブッキー)と呼びます。

ウィリアムヒルは、今回の住民投票で総額約300万ポンドの賭け金を集めましたが、これは2010年に行われた英総選挙の時の約3倍で、サッカープレミアリーグにおける賭け金と同額規模だといいます。

凄いギャンブラーがいたもんですね・・・。

source