「デタラメ」手話通訳者が謝罪、マンデラ元大統領追悼式で持病発症か

judrtyerasery (4)

12月10日、南アフリカ共和国ハウテン州ヨハネスブルクで営まれたマンデラ元大統領の追悼式で手話通訳を務めた男性がでたらめな手話を行ったと聾連盟などが批判している問題で、地元紙の取材にこの男性がコメントを発表しました。
マンデラ氏追悼式の手話通訳がデタラメだと障害者団体が批判(※動画あり)


「統合失調症の症状が壇上で出た可能性がある」

手話を担当したThamsanqa Jantjieさん(34歳)は、
「通訳中に頭の中で声が聞こえて幻覚を起こし、結果的に意味が通じない手話になってしまった。何もできなかった。非常に危険な状況で孤立していた。自分をコントロールし、(自分の中で)起きていることを世界に分からないようにしようと努力した。とても申し訳ない」
と説明して謝罪する一方、地元ラジオ局によればJantjieさんは追悼式での自分の手話に対し
「満足している。自分が『手話のチャンピオン』だと思う。」
と述べたといいます。

「チャンピオンだ」との件(くだり)については式前から用意していたコメントであるかもしれませんが、偉大な人の追悼式なだけに「なぜ万全の人を用意しないの?」と追求される可能性もありそうですね。



source