2030年-未来の車の姿 密集して群れる完全自律走行車 「Autonomo」

2016/10/26

Autonomoは、世界の主要都市の多くが直面している主要な問題の多くを克服するために、2030年に向けて設計された完全自律走行車、自動運転車です。

1車線に並列して2台が走れる幅の広さで、それぞれ各機が周囲を認識するセンサーを持っており、列をなして集団で移動することを前提としています。それぞれの固体がセンサーでの情報を頼りに周囲の固体と精密な連携を行うことで、車間距離を必要最小限に留め、自動車道路のスペースを最大限に活用することで乗り物をより多く、より迅速に移動させることができるようになることを見込んでいます。

33acd12e53da4c9bbdfc4bfecfc35446

Autonomoを発案したのは、オーストラリアのメルボルンに住むデザイン専攻の学生チャールズ・ラトレイ氏。彼よると、各Autonomoは物体認識センサー、モーションセンサー、車両間(V2V)通信を活用することで、ほかの自動車、トラック、バイクなどと共存できるといいます。

発想

4ee7d0b6f378b4b13ade3553d80682cf

お互いの位置を認識しあい、魚の群れのように動く。

ラトレイ氏は次のように述べています。

  • 他の車両の後ろにつける、車線を変える、あるいは追い抜くという決定を行うたびに、周囲の車両の性能特性を計算する
  • こうした決定をほかの自律走行車と絶えず共有し、安全で効率的な輸送のために協力する
  • 物体認識の性能さえ十分ならば、歩行者や自転車の存在を感知することができて、Autonomoは自転車用道路や歩道でも乗れるようになるかもしれない。

6ffe178f5d6e021dc2b0a2998e3f877e

現存のインフラ・道路に対応

ラトレイ氏は、Autonomo側の要求にあわせて行政側等が路面や信号システムといったインフラを変化させることは想定しておらず、現状の道路を最大限に活用するものとしてAutonomoを設計しており、混雑がひどい道路に専用車線を追加するほかには、特別な便宜はまったく考えていないといいます。

ラトレイ氏はAutonomoに関して、自律走行する車が連なって接近した緊密な「小隊」状態になる、いわゆる「ロードトレイン」技術の進歩も期待しています。スウェーデンのVolvo社など欧州の自動車メーカーは、V2V技術で現行の高速道路を最大限に活用する方法を研究するEUのプロジェクトの一環として、ロードトレインのテストをすでに開発しています。

2cb47fb372bbada70787ee688260b705
c51173daf8758067a6b8d65d279297c4
eda3c566b952ba722a8e5cbf960173ee
a38b8609af06f4afe386910abc4bf91c
d47d453b2078ec41b27399af3da074a4


4653dbac6ad2261cfd052cfb20e0ab82
529cb4e798ebe16e647898df57b91f30
78d41b30c68fc69759e61589099eafff
5e85845b8d8de7cb4f030f48994bca49
065a0d1c3066f2bed8547952c0f2deb7