羽もオモリも真空状態では落下速度は同じ、という実検証動画

feather_weights_vacuum_fall_same_rate
中学生くらいになると学校の理科の授業でこんな風に習うと思います。
自由落下では羽のような軽い物体もオモリのような重い物体も同じ速度で落下する。」
じゃあ実際に見たことがあるのかと言われたら、見たことは無かったのですが、BBCが大規模な実験の様子を公開しています。

自由落下とは、空気抵抗など重力以外の外力が存在しない状況下での運動のこと。(重力下にある真空状態の空間での落下)。人工衛星、月、地球などの天体の動きもこれに相当します。

ロックスターで物理学者のブライアン・コックス氏(Brian Cox)が訪れたのはオハイオ州にあるNASAの宇宙発電施設。
下の実証動画では、空気で満たされた空間と真空状態の空間のそれぞれの条件で羽とボウリングの球を高い位置から同じタイミングでリリースして落とす実験を行っています。

Brian Cox visits the world’s biggest vacuum chamber – Human Universe: Episode 4 Preview – BBC Two

この手の実験は高さ数十センチメートルの小さなシリンダーなどを使うことで小規模に行うことも可能ですが、設備能力の不足から落下速度に差が出ることがあります。
今回の実験では落下距離が長いにも関わらず、ほとんど誤差が出ることなく羽とオモリは同時に着地しています。

「羽もオモリも真空状態では落下速度は同じ、という実検証動画」への1件のフィードバック

コメントを残す

CAPTCHA