【訃報】漫画家やなせたかしさん 死去。アンパンマン作者


2013年10月13日、「それいけ!アンパンマン」などの漫画や「手のひらを太陽に」の作詞で知られる漫画家のやなせたかしさん(94歳)が心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。
高知県出身で、大学を卒業後に百貨店の宣伝部に就職し、グラフィックデザイナーを経て漫画家デビュー。

1964年(昭和39年)からのNHK放送番組「まんが学校」で講師役を務め、上手にマンガを書く方法を毎回解説して人気を集め、1973年(昭和48年)子ども向けの雑誌に連載を始めた「それいけ!アンパンマン」シリーズがテレビアニメになり、スペインやブラジルなど世界各地の子どもたちの人気に。

また、作詞家としても活躍し、1961年(昭和36年)に作詞した「手のひらを太陽に」はNHKの「みんなの歌」で放送されて反響を呼び、小学校の音楽の教科書にも掲載。

これらの功績が評価されて平成3年には勲四等瑞宝章を受章しています。

ご冥福をお祈りいたします。


source