rp_501a31a9.jpg

softwheel、ショックを吸収するサスペンション付きの車椅子のホイール

以前、斬新な車輪Loopwheelsをご紹介しましたがまた不思議なホイールが登場。
これは車椅子のために開発されたサスペンション内蔵型ホイールですが、オフロードでも利用可能な設計で自転車、自動車、列車などに広く応用できるといいます。

開発のきっかけはひとりの男性の怪我。
2008年、イスラエルで農業を営むギラッド・ウルフさん(Gilad Wolf)は骨盤を骨折しましたが、農作業を続けなければならないため車椅子で働くことにしました。ところが、畑の表面は凸凹で車椅子の衝撃はウォルフさんの腰を直撃。そこで彼はオフロードに適した新設計の車椅子の開発を始めました。

wheel (2)_s

農工機具をベースとする試作品をいくつか製作した後、彼は実質的な首都テルアビブにあるRad-BioMed社にコンセプトを持ち込み、同社協力の下SoftWheelの開発・特許出願に至りました。

Softwheel Acrobat wheel

wheel (3)_s
ホイールには3本の圧縮シリンダーを内蔵。

車椅子本体の重量を支えた上で、且つホイールのハブ(中心部)をシリンダー圧力によって空中に浮かせることでホイール自体がサスペンションの役割を果たしてショックを吸収して衝撃を緩和します。
通常の車椅子では推進エネルギーの20~30%ほどをロスしていますが、softwheelを用いればそのロスを軽減することができるといいます。

SoftWheel’s Fluent

wheel (1)_s
自転車に実装した場合はこんな感じ。

普通のホイールよりもスッキリしたデザインでカッコイイ!ちなみに販売開始は2014年末で、価格は2本2000ドル前後(約20万円)の予定。ちょっと高いっていうか結構高いね・・・

コメントを残す

CAPTCHA