rp_0f5b67d2.jpg

[DIY]殺風景なリビングの壁を賑やかにするプロジェクターを使うプリント&ウォールペイント

シンプルイズベストと言葉もありますが、この壁はちょっと殺風景で寂しい感じがします。そうだ、プロジェクターを使おう!(?)

必要な道具
  • プロジェクター
  • 2mmブラシ
  • 12mmブラシ
  • ミニサイズのスポンジローラー
  • 黒のラテックス塗料=建築現場の塗装で使われる水性塗料(合成樹脂エマルションペイント)

手順

  1. mono_wall_samurai (3)-tozanabo
    下塗りの段階では作業性を優先し、黒のラテックス塗料は10%希釈します。

  2. mono_wall_samurai (4)-tozanabo
    描きたい壁から離れた位置にプロジェクターを設置。

  3. mono_wall_samurai (5)-tozanabo
    今回使用する絵は、黒澤明監督の「七人の侍」。

  4. mono_wall_samurai (6)-tozanabo
    これを白黒のモノトーンに画像処理します。

  5. mono_wall_samurai (7)-tozanabo
    出来上がった画像を壁に映写!しかし、これでは黒い部分に黒の塗料を塗ることになり、どこまで塗ったのか分からなくなります。

  6. mono_wall_samurai (8)-tozanabo
    そこで、更にこのモノクロームを反転加工して、白と黒を入れ替えます。白い部分を塗りつぶせばいいので、作業がとっても楽になります。

  7. mono_wall_samurai (9)-tozanabo
    こちらは1人分の顔だけ塗りつぶした状態。

  8. mono_wall_samurai (10)-tozanabo
    7時間を掛けて丁寧に塗り進め、あとは乾燥させるだけ。

  9. mono_wall_samurai (1)-tozanabo
    完成!

この技法を使えば、映画のワンシーンに限らず色んな絵や写真を壁にプリントすることできます。是非お試しあれ!

「[DIY]殺風景なリビングの壁を賑やかにするプロジェクターを使うプリント&ウォールペイント」への1件のフィードバック

  1. 面白い!可能性が無限ですね〜!仕事に生かせそうです。

コメントを残す

CAPTCHA