金属探知愛好の男性がスコットランドの教会敷地内でヴァイキングの財宝を発見!

gold_ring_the_oval_shap_s
1000年以上前の中世ヨーロッパで海賊行為をしていたことで有名な「ヴァイキング(Viking)」。

そのヴァイキングの財宝と思われる数々の宝飾品がイギリス北部にあるスコットランドの教会の敷地内で発見されました。今回見つかった財宝は、19世紀以降にスコットランドで見つかったヴァイキングの財宝としては最大規模です。

Metal detectorist finds Britain’s biggest ever haul of Viking treasure – with hundreds of artefacts including an ancient silver cross
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2790197/metal-detectorist-finds-britain-s-biggest-haul-viking-treasure-hundreds-artefacts-including-ancient-silver-cross.html

2014年9月上旬、金属探知機を用いた埋蔵物の探索を愛好する男性デレク・マクレナンさん(Derek McLennan)は、スコットランド南部ダンフリースアンドギャロウェイ州(Dumfries and Galloway)にある教会の敷地内で深さ60センチメートルほどの所に金属の物体が大量に埋まっているのを発見。

gold_bird_pin_metal_detec_s
マクレナンさんが掘り当てた財宝の品々は銀のブローチやポット、金の指輪、腕輪、十字架など100個以上。スコットランド国立博物館が調査したところ、多くが西暦800年から900年頃のもので、最古のもので1200年ほど前だとみられています。

中には当時のアイルランドで魔よけに使用していたと思われるもの、北欧のスカンディナビア半島の宝飾品、カロリング朝(現ドイツ)の銀のポットなどなどヨーロッパ地域各地のお宝が含まれています。

コメントを残す

CAPTCHA