3歳の少年ドラマーのオーケストラとの共演とソロ演奏に観客は拍手喝采!

three_year_old_drummer
大人たちで構成された本物のオーケストラと堂々と共演するドラマー少年。大勢の大人を前にしてドラムを叩くこんなに肝の据わった3歳がいるでしょうか。

お父さんが横で見守るなか、オケとコラボする少年。そして観客もみんなで手拍子をしています。
演奏途中でバチを落として見失い、お父さんに拾ってもらうハプニングもあります。彼は動画後半から見事なドラムソロまで披露しています。(動画2:10から)

Three-year-old drummer plays stunning solo with orchestra.

また演奏の終盤には、お父さんの指示に耳を傾けるあまりに思わず手が止まってしまう瞬間も。ですが、そのあどけなさと可愛さが更に観客の笑いを誘い、会場を盛り上げています。(動画3:20頃)
3歳とは思えないテクニックに加え、これだけの大衆を前にしても臆さないあたり、将来有望ですね。

原曲

彼らが演奏している曲はジャック・オッフェンバックの「オペラ・ブッフ『地獄のオルフェ(天国と地獄)』の序曲第3部にあたるギャロップ(カンカン)」。学校の運動会でも定番のBGMとしてよく流れているアレです。

オッフェンバック 喜歌劇《天国と地獄》 序曲

「3歳の少年ドラマーのオーケストラとの共演とソロ演奏に観客は拍手喝采!」への2件のフィードバック

コメントを残す

CAPTCHA