Taylor Swift、白血病患者の6歳の少年と一緒に歌う

taylor_swift_s
by:Dvincleo

テイラー・スウィフト(Taylor Swift、1989年12月13日 – )はアメリカのカントリー・ミュージック歌手、シンガーソングライター。 グラミー賞をも受賞し、今年24歳になる彼女は女優としても映画やテレビドラマにも出演するなど多くの活躍を見せている女性です。
そんな彼女が、先日6歳の白血病患者と一緒に歌いました。

男の子の名前はジョーダン・リー・ニッカーソン君(Jordan Lee Nickerson)。
2014年8月3日にyoutubeにアップロードされた動画には、ボストン小児病院で「血液のがん」とも言われる白血病の化学療法を受けている彼のもとを訪れたテイラーがギターで伴奏をつけながら「We Are Never Ever Getting Back Together」などの持ち歌をジョーダン君とともに歌ったり、踊ったりする様子が映されています。

Taylor visits Jordan at Boston Children’s Hospital

ジョーダン君は”優しすぎる遺伝子”によるウィリアムズ症候群、発達障害、心血管障害を発症しており、過酷な毎日を過ごしています。この日、テイラーはジョーダン君と共に歌うだけでなくエアホッケーも楽しんでいます

ジョーダン君の両親はSNSfacebook pageにこれらの動画を投稿し、世界中の注目を集めています。

彼女がギター1本で歌っている歌の原曲はこちら。
Taylor Swift

テイラーのファン層は広く立て続けにヒット曲を生み出していることから、彼女は「America’s sweetheart」と呼ばれることもあります。

source
source

コメントを残す

CAPTCHA