デビッド·ジンがチョークと木炭で描く錯視による3Dストリート・アート

street_art_3d_characters_dabid_zinn (1)_s
2001年からアーティスト、イラストレーターを手掛けているデビッド·ジン氏(David Zinn)は錯視の技法とチョークと木炭を使ってその場限りの可愛いだまし絵のイラストを描きます。

この錯視を利用しただまし絵はアメリカ、ミシガン州南東部に位置する都市アナーバーの街に描かれたもの。
ジン氏は即興でその場にあるオブジェクト、街路備品などを利用してだまし絵を作成します。
これらは、直近数ヶ月の間に描かれたものですが、彼のHPやfacebookpageでは過去に製作した数々の作品を見ることができます。

David Zinn
http://zinnart.com/
https://www.facebook.com/DavidZinnIllustration

また、ここにはねずみの絵しか紹介していませんが、彼は犬や豚など色んな動物のイラストも描いています。

street_art_3d_characters_dabid_zinn (2)_s

コメントを残す

CAPTCHA