ソニーA7sでISO感度を徐々に上げた撮影がスゴイ、ISO1600→ISO409600へ!

iso_sony_camera
ソニー製のカメラ「Sony Alpha ILCE-7s (A7s)」で、光に対する感度(ISO感度)をISO1600からISO409600へと徐々に感度を上げていくどんなことが起こるのか、最後は驚きの結果です。

トップの画像はISO12800に設定した状態で撮影した映像です。映像には、海岸を背景として中心部分に焚き火、右上にうっすらと男性の人影が映っていますがよく目を凝らしてようやく見える程度。

映像の左上には比較としてISO1600での撮影風景が映っていますが、真っ暗でその様子はよく分かりません。1600から3200、6400、12800、25600、51200、102400、204800、409600まで引き上げるとどんなことが起こるのか・・・。(Sony A-Mount 16-35mm f2.8 1/50th SLog-2)

ボタンを押すだけで夜の暗闇世界が一瞬で朝になる

Sony A7s: Low Light Demonstration (ISO 1600 to 409600)

この様子は決して夜から朝への様子を早送りした映像ではありません。実際にはずっと真っ暗闇なのですが、ISO感度を引き上げることで暗視できるんですね。凄すぎ!

ISO-gadget6400 (1)
こちらは他の被写体。例えばISO6400からISO409600にISO感度を引き上げたらこんな具合。

ISO-gadget6400 (2)
真っ暗な部屋が朝方に朝日が差し込んだきたような明るさに!

動画をみたネットユーザーの反応

  • これ夜がだんだん明ける映像かと思ったら、ずっと夜で感度を上げていってるだけなのか…
  • さすがソニー凄すぎる。
  • もう対数で良くね…
  • 近未来暗視ゴーグルって感じだね
  • 嘘つけ絶対朝だろこれ!!

コメントを残す

CAPTCHA