水が飛び跳ねるほどの超撥水技術をロチェスター大学が開発!

super-hydrophobic-surface2
アメリカ合衆国ニューヨーク州を拠点とするロチェスター大学付属の光学研究所のChunlei Guo教授率いる研究チームは、水滴が跳ねて飛んでしまうくらい高い疎水性を非常に強力な撥水剤の開発に成功しました。

この技術に関しては、下のリンク先にある論文で詳細な内容を見ることが出来ます。(英文)

Multifunctional surfaces produced by femtosecond laser pulses
Multifunctional surfaces produced by femtosecond laser pulses

新しく開発されたこの撥水加工技術はテフロン加工のように化学コーティングに頼るものとは異なり、レーザーパルスを利用して白金、チタン、真鍮などの金属の表面に微細な構造のエッチング加工を施すことによって作成されています。

加工面を通る水滴は、蓮の葉が水を弾く「ロータス効果」と同じような振る舞いを見せています。

super-hydrophobic-surface

この撥水技術は、航空機の翼のアンチ-アイシングや、全く新しい概念の防錆加工、水を必要としないトイレなどにも活用できると期待されています。

Using Lasers to Create Super-hydrophobic Materials

食器洗いとか洗車まで不要になる時代がくるのかな?

コメントを残す

CAPTCHA