rp_bb2926ec.jpg

T字カミソリの切れ味を復活させる裏技

剃刀は擦るだけで切れ味が復活するんだとか。こする!?どうやって擦るの!?というわけでそのライフハック動画がありましたのでご紹介します。

大人の男性であれば多くの人が毎日・毎朝髭剃りを行っているかと思いますが、T字剃刀の刃の消耗は意外と激しく、すぐに切れ味が落ちてしまいます。交換するのは勿体無いシャープナーを使うのも面倒臭いと目をつぶって切れ味の悪いかみそりを使い続けている人もいるのでは?

この “切れ味が落ちる” 要因としては刃がこぼれる、鈍くなるほかに皮膚のカスやゴミの付着があります。普段剃った後に丁寧な手入れをしてないとその進行は早くなります。

つまり、そのごみを取り除いてやればカミソリの刃は切れ味が元に戻るとまではいかなくとも切れ味を良くすることができるのです。下の動画では、その不純物を取り除くために、布きれで剃刀の刃を擦っています。

How To “Sharpen” and resue An Old Razor Blade Method

シャープナーを使う時と同様に、ヒゲを剃る時とは反対方向に髭剃りを擦ることで刃の表明に付いた細かい錆びや石鹸カス、垢などが綺麗に落とせます。ジーンズに使われているデニム生地など少し固めの生地の方がやりやすいかもしれません。また、生地を使わずに、自分の腕など皮膚に擦りつけるだけでも同様の効果が得られるといいます。

razor_sharpness
擦る前と擦った後の比較画像

擦る前と擦った後ではこんなに違いが。確かに良く切れそう。

こんなスゴ技があったなんて・・・なんでもっと早く教えてくれなかったの!

コメントを残す

CAPTCHA