うさぎ島(毒ガス工場だった大久野島)ならこんなモフモフ体験も夢ではない

rabbit_island_bunnies
広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートルに位置する瀬戸内海の芸予諸島の1つ、大久野島(おおくのしま)は別名「うさぎ島」とも呼ばれ、多くのうさぎは棲息しています。
この島に来れば、こんな風に全身をうさぎさんに覆ってもらうことも夢ではありません!

周囲は4.3キロメートルの島で、最初は8羽だったうさぎも現在では700羽にまで増えました。
エサで無数のうさぎをおびき寄せた後、寝転びながら自分の身体に餌を振り撒くと、うさぎが体に乗っかってきてくれます。

Guy Gets Smothered by Bunnies on Japan’s Rabbit Island!

Girl vs. Hungry Bunnies! The Rabbit Island Challenge!

毒ガス工場だった大久野島

若い人にはあまり知られていませんが、かつてこの島は第一次世界大戦以降の化学兵器製造拠点でもありました。
毒ガス工場によって秘密裏に毒ガスを生産していたことから、当時の地図には表記されていませんでした。その為「ウサギ島」の他にも「地図から消された島」や「毒ガス島」などとも呼ばれています。


太平洋戦争の終戦後、GHQへの発覚から戦時国際法違反を恐れた旧日本軍は、GHQの介入による毒物処理以前に、周辺海域への海洋投棄や火炎放射器による焼却、地中への埋没投棄を行うなど隠蔽工作を図っており、今尚猛毒ガスが周辺には眠っています。
ちなみに当時の日本はジュネーブ条約(赤十字条約)に署名したものの、陸軍・海軍・枢密院の反対により批准はしていませんでした。

第41師団は45年11月初め、専門部隊を大久野島一帯に派遣。同月、びらん剤のイペリット原料になるチオジグリコール84トンや毒性のあるシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)33・4トン、発煙筒などを廃棄した

ヒロシマ平和メディアセンター
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=31791

大久野島の地図はこちら

演題 「加害者としての日本ーそして広島」
http://homepage3.nifty.com/dokugasu/kaihou01/kaihou01-2.html

大久野島の化学兵器についての情報
http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/ookunozima.htm

コメントを残す

CAPTCHA