三角形、四角形と季節や温度に合わせてパズルのように変形する家

2016/05/04

moving_house (3)_s
D *ハウスアーキテクトという建築事務所が、季節や温度変化に対応して変形する建物を設計して注目を集めています。

建築設計事務所「The D*Haus Architect」のコンセプトは、8つの異なる構成を持つことが出来る「metamorphosizes」というもの。
油圧制御とレールを使用して、自動または手動ハンドルで季節や条件に応じて建物を変形させ、その時に最適な形態となることができます。

A house for ALL seasons: Shape-shifting home transforms throughout the year in response to changing temperatures
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2840627/A-house-seasons-Shape-shifting-home-transforms-year-response-changing-temperatures.html

moving_house (1)
moving_house (4)_s

例えば夏であれば、日の出とともにソーラーパネルで発電を行い、太陽の動きに合わせて建物も回転していき、常に開口が外側にくるようにトランスフォーム。
寒い時期はコンパクトに折りたたみ、立方体に近い形をすることで防寒対策をとります。

建築費用は200万イギリスポンド(約3.7億円)ですが、一括生産をすれば80万イギリスポンド(約1.5億円)まで抑えることが出来るといいます。

moving_house (5)_s

この面白いパズルは以前から存在しており、イギリスのパズル作家・数学者であるヘンリー・アーネスト・デュードニー(Henry Ernest Dudeney、1857年4月10日 – 1930年4月24日)が1908年に考案した” The Haberdasher’s Puzzle “が元となっています。
moving_house (2)

建ててしまえば何年、何十年と同じファサードを眺めることとなる住宅ですが、これなら毎日のように顔も変わって飽きがこなさそうですね。