4歳の娘のために数億円かけてキャンピングカーを自作!「一緒に旅がしたい」

KiraVan (1)-s
アメリカのカリフォルニアに住む発明家が巨大なトラックをベースに「KiraVan」という物凄いキャンピングカー(recreational vehicle, RV車)を開発しました。

発明したのはApplied Minds社の共同設立者兼クリエイティブオフィサーのブラン・フェレンさん(Bran Ferren, 61歳)。Kiraは自身の4歳の娘、キラちゃんからとったもので、このトラック改造に費やした費用は数百万ドル(数億円)、工期は4年!

KiraVan (4)-s
長さ31フィート(9.4m)に高さ10フィート(3m)のメイントレーラーの内部にこの内装。普通の家より豪華です。車内にはソファ、ダイニングエリア、ベッドルームからバスルームまで信じられないほどのインテリア。
食事のこともばっちりで、家族で2週間分の食材を貯蔵するスペースを持ち、カスタムデザインのキッチンまで完備。 更には小走りするためのバイクをトレーラーの背面に内蔵しています。

KiraVan (2)-s
車内のパソコンや機材で車両を制御。

KiraVan (3)-s
運転席というよりも、もはやジェット機のコックピット。椅子には特別な振動低減のサスペンションを施し、前方の車両や状況を認識する無人偵察機能を持ちます。カスタムメイドされた操縦席には天井型とダッシュマウント型のタッチクリーンがあり、外部に備えられた22台のカメラの映像のいずれかが映し出され、ジョイスティックで操作可能。

KiraVan (8)-s
ルーフにも余すことなくトラフィック監視するための監視カメラや機能を搭載。燃料補給無しで2000マイル(約3220km)もの走行が可能です。

KiraVan (7)-s
ケブラーで強化された巨大な6本のタイヤを履くことでオフロードや悪路走行を実現し、特殊なサスペンションにより傾斜45度まで耐えることができます。

さすがアメリカ、スケールが違う・・・。

source

コメントを残す

CAPTCHA