iPhoneの裏技、アンテナ強度を数値化する設定

2016/05/05

iphone_fieldtest (3)_s
上の画像はiPhoneの画面。
通常、左上には黒丸●やバーなどのアンテナのマークが並び、それがいくつ並んでいるかでアンテナの強度を表していますが、ある設定を行うとこれを数値化することが出来ます。
また、アンテナマークや数値の部分をタップすることでいつでも自由に切り替えることが出来ます。

手順

この設定を行うには次の2通りの方法があります。いずれにしても用意するものはiPhone本体のみ。キャリア(softbank、KDDI、docomoなど)は関係ありません。

一時的に数値化した電波強度を確認したい場合

ずっとその仕様で使う気はないけど、数値化したアンテナ強度を確認したい、という場合には以下の手順を踏むと一時的数値を見ることができます。

  1. まず電話アプリを開きます。
  2. そして『*3001#12345#*』と入力して発信ボタンを押します。
    iphone_fieldtest (1)_s
  3. すると、Field Test(フィールドテスト)という画面が表示され、画面左上のアンテナ強度が数値で表示されます。(この場合は『-101』と表示されています。)
    iphone_fieldtest (4)_s
  4. この状態でホームボタンを押すと、元に戻れます。(完了)

数値と電波の強さの関係は以下にある表の通り。

イラスト(5-Bar) 数値(dBm) 電波の強さの倍率
5 -51~-101 10000000
4 -101~-106 100
3 -106~-111 30
2 -111~-114 10
1 -114~-121 5
圏外 -121~ 1

数値化した仕様で使用し続けたい場合

  1. 電話アプリを開く
  2. *3001#12345#*』と入力して発信ボタンを押す
  3. Field Test(フィールドテスト)という画面が表示され、画面左上のアンテナ強度が数値で表示される(ここまでは同じ
  4. この状態で本体右上側面にあるスリープボタン(電源ボタン)を長押しすると、上には『スライドで電源オフ』、下の方には『キャンセル』のボタンが表示される
  5. どちらも選択せずにホームボタンを長押しする(完了)

冒頭で触れた通り、アンテナマークや数値の部分をタップすれば自由に切り替え可能です。

元の仕様に戻したい場合

完全に元に戻したい場合は、一時的に数値化した電波強度を確認したい場合の手順を再度行うことでリセットできます。

関心のない多くの人はこの裏技を必要としないと思いますが、電波の強さを正確に知りたい人は試してみてください。