india-gadget-ossan

インドのおっさんが売ってくれたガジェット「インドの毬」が凄すぎる

Twitterで、@from_expさんがツイートした動画が話題になっています。
インドのおっさんが売ってくれたものだそうで、とても面白いガジェットで遊ぶ様子を捉えた映像です。このガジェットは古くにインドのデリーで発明された幾何学玩具で、日本ではインドの毬ふしぎな輪の針金と呼ばれています。

英語圏ではMandalaや、Magic Circleなどと呼ばれているそうで、アメリカではFlexi-sphereという商品名でよばれているといいます。(参照: youtube.com
確かに曼荼羅模様ですね。

リング状の針金の廻りに、半円の形をした針金が取り付けられたオモチャです。動画のものは花びらが8枚の仕様です。

なんと、自作しちゃっている人もいます。

昔からあった

リプライを辿ってみると、2014年頃に買ったという人もいれば、1960年代にこれを使って遊んでいたと言っている人もいます。

インドで発明されたらしいが時期など詳しいことはわからない.インドでは普通ふしぎな輪の針金と呼ばれているそうだ.

坂根巌夫著新・遊びの博物誌朝日新聞社1982

花びらが7枚のものもあれば、8枚や9枚のものもあります。

コメントを残す