数百円で自作できる「世界最小の電車」がこちら

homemade_train_magnet_copper_wire_dry_cell
youtuberのAmazingScience 君さんが【世界一簡単な構造の電車】と題した面白い科学実験動画をアップして、世界中で話題となっています。

必要な道具は次の3つだけ
  • 単5の乾電池
  • 銅線(銅製の針金)
  • 強力な磁石

homemade_train_magnet_copper_wire_dry_cell (3)

手順は次の通りです。

  1. homemade_train_magnet_copper_wire_dry_cell (4)
    断面が丸い棒などに銅線を巻きつけてバネ状のトンネルを作ります。このループの直径は乾電池及び磁石より少しだけ大きなサイズにします。

  2. homemade_train_magnet_copper_wire_dry_cell (1)
    乾電池のプラス極とマイナス極に磁石を取り付けます。これだけで電車の完成。

  3. homemade_train_magnet_copper_wire_dry_cell
    電車をマイナス極側から銅線のトンネルの中に入れると、乾電池は自然と動き出して反対側から出てきて動きを止めます。

銅線のトンネルを長くして、入り口を繋いでしまえばずっと動き続けてくれます。ただしブレーキは無いので、電池が切れるかトンネルから出ない限り止まりません。

World’s Simplest Electric Train 【世界一簡単な構造の電車】

要するにこういうことで、電池の部分に局所的に磁場を発生させる電磁誘導ってことなのかな?面白いですね!

youtubeのコメントを見てみると、なかには「あ、これクリスマスプレゼントにしちゃおう」って考えている人もいるみたいです。(安上がりでいい)

コメントを残す

CAPTCHA