膝用エアバッグをフォードが開発、2015年モデルの「マスタング」に搭載

ford_kneeairbag (2)_s
「事故に合ってエアバッグが出たとしても膝が・・・膝用のエアバッグって無いのかな?」と思ってたんですが、アメリカのフォードが開発してくれました。

2014年6月19日、アメリカ自動車大手Ford(フォードモーター)は従来のエアバッグとは別に、膝へ衝撃を和らげてくれるニー・エアバッグ(Knee Airbag)を自動車メーカーとして初めて採用すると発表。
前面衝突事故の際に助手席の乗員がダッシュボードに膝をぶつけて負傷することは多く、ニーエアバッグはそのリスクを減らすために開発されました。
グローブボックスのフタの内部に装備されたニー・エアバッグは瞬時に膨らみ、クッションの役割を果たします。

Industry-First Active Glovebox Knee Airbag

フォードの安全装備担当者は、「高いレベルの安全性や品質を提供すると共に、デザインや重量を犠牲にすることなく開発出来た」と話しています。
ford_kneeairbag (3)_s
ford_kneeairbag (1)_s
このニー・エアバッグを装備した2015年モデルの新型フォード「マスタング」(2015 Ford Mustang)は2014年内に市場投入される予定。

source

コメントを残す

CAPTCHA