さすがに太りすぎぃ!バングラデシュ伝説の聖なるワニ(100歳)、超肥満&食べ過ぎが原因で死去(画像と動画)

bangladesh-crocodile-cause-of-death-overeating-obesity
バングラディッシュのとある寺院の池には長老のワニがいたのですが、言い伝えに従い参拝者たちが餌を与えられ続けた結果、100歳にもなる長老のワニが肥満と食べ過ぎで死んでしまいました。

寺院、Khan Jahan Ali

ワニが棲んでいるのは、Khan-i-Azam(本名:Khan Jahan Ali)というイスラム教聖職者のお墓がある「Khan Jahan Ali」という寺院。
バングラディッシュ南西部に位置するクルナ県バゲルハードに1459年に建てられました。

ワニに餌を与えれば幸せになれるという言い伝え

この寺院には「ワニに餌を与えれば幸せになれる」という伝説があります。参拝者たちは自分もその迷信にあやかろうとして、多くの人がワニに餌を与え続けました。
最初はニワトリなど比較的小さなエサだったのが段々とエスカレートしていき、最近ではヤギなどの大型の動物まで与えるようになっていたそうな。

死因は参拝者の餌のやり過ぎ

そのせいで彼らは恐ろしいほどに肥満体と化し、今回100歳の長老鰐が死んでしまいました。死因はどうみても食べ過ぎが原因。
この池に棲むワニは1匹ではなく、これまでにも3頭が同じように過食と肥満で死亡しています。

陸に揚げられた長老のお腹はすごく出っ張り、足が地面に着かないほど太っています。

100 year old ‘Fat Croc’ found dead after years of overfeeding

コメントを残す

CAPTCHA