バジャウ族、凄い潜水能力を持つ海で暮らす少数部族

bajau
フィリピンからマレーシア、インドネシアに架けて東南アジア一帯の海洋で生活を営む「バジャウ族 (Bajau)」の人々を捉えた映像が凄い!

彼らは常に海の中で生活をしています。家は海の上に建っているし、服を着たままでも何の躊躇いもなく海水に浸かり、食料も貝類や魚などを漁によって調達します。

赤ん坊の時から海に慣れ親しむバジャウ族の漁師は海中でも自由に動き回ることが可能。パンツ一丁姿に槍とゴーグルの軽装備で

  • 水面から、20メートル下の獲物を発見可能
  • 水深20メートルまで素潜り
  • 潜水時間5分間
  • ウェイトを付けずに海底を歩いて狩りをする
  • 陸に揚がると船酔いではなく陸酔いを起こす

などの特徴を持ち、まさに「半漁人」と言っても過言ではありません。しかし、年がら年中このような潜水活動を行うために鼓膜を損傷し、多くは若くして聴覚障害に陥るといいます。

Bajau Laut girl

海面に沈む木をくりぬいたと思われる船。木製なのでそれ以上に沈むことはありませんが、少女が浸水しきった木船の縁に立って船体を左右に揺らすと、どんどん海水が出て行って船が浮き上がります。普通なら持ち上げてひっくり返したり、コップなどで水をすくって排水する方法を思いつきますが水辺で暮らす人々ならではの知恵ですね!

Bajau – the real waterworld people

Sea Bed Hunting On One Breath – Human Planet: Oceans, preview – BBC One

コメントを残す

CAPTCHA