rp_06c8c211.jpg

最高速度145km/hのカプセル型自転車「Arion1 Velocipede」、空気力学はブガッティ・ヴェイロンの40倍の効率!

タマゴかカプセルに見えるこの不思議な物体は「Arion1 Velocipede」という自転車。目標最高速度は時速145キロメートルと自動車並みの速さ!

この近未来的な自転車を設計したのはイギリスにあるリバプール大学の学生。
1人のペダリングで進む人力駆動車(HPV)で、特殊な流線型をしたカーボンファイバーシェルのデザインにより最高速度は毎時90マイル(145kph)に達するといいます。

Arion1_Velocipede (3)-s Arion1_Velocipede (2)-s
上の2枚の画像は設計初期にデザインされた形状。ともに上空から見た様子。

WHPSCでの記録更新が目標

Arion1_Velocipede (4)-s
オランダのデルフト工科大学とアムステルダム大学(UvA)は2013年9月に毎時83.13マイル(133.7kph)の記録を樹立しており、リバプール大学ベロチペードチーム(ULVT)はこの記録を打破することを目標に掲げています。

Arion1の設計や製造を2015年5月に完了し、2015年9月にネバダ州バトル・マウンテンで毎年開催されている『ワールド・ヒューマン・パワード・スピード・チャレンジ』(WHPSC, World Human Powered Speed Challenge)で記録更新を目指しています。

空気抵抗を徹底排除

ライダーが一体どんな姿勢でペダルを漕いでいるのか詳細は不明ですが、説明によるとほぼ可能な限り地面に近づき、リカンベント風に横になっているといいます。地面との距離はわずか5インチ(13 cm

Arion1_Velocipede (7)-s
リカンベントスタイル

Arion1_Velocipede (5)-s
Arion1は空気抵抗を徹底的に排除しており、その空気力学における効率は世界最速の市販自動車としてギネス記録を持つ「ブガッティ・ヴェイロン」の40倍以上!

Arion1_Velocipede (6)-s
このカプセルが弾丸のごとく高速走行している様子を実際に見てみたいものですね!

source

コメントを残す

CAPTCHA