rp_a2a5bf0d.jpg

日本企業がスクリーンの入らない3Dディスプレイを開発!(日本科学未来館)

3d_light_display_development_burton
2014年10月20日、日本科学未来館は「空中3Dディスプレイプロジェクト」で開発した世界初の空中描画装置のデモンストレーションを行いました。

開発したのは日本企業のバートン
きっかけは阪神・淡路大震災だそうで、空中の空間を使って避難誘導が出来ないものかと考えたといいます。

何も存在しない空気中に1回のレーザー照射で1つのドットを描き、1kHzのパルスで100から200ドットの3D描画が可能。
動画ではスクリーンレスでリンゴや、蝶々がヒラヒラと舞う様子、回転する物体を描画しています。

Aerial Burton 3D display projects images into mid-air #DigInfo

要望があれば設備を持って現地に赴き、このディスプレイを展開することになり、早ければ2015年には実現したいとしています。

コメントを残す

CAPTCHA