ジャイロ効果で重力に逆らう円盤の歳差運動

Anti-Gravity-Wheel (1)
棒の先端に取り付けられた19キロ(42ポンド)もの金属の塊を片手で水平に持ち上げる男性。一見するとどんな仕掛けがあるのか不思議で仕方ないのですが、これは歳差運動とジャイロ効果によるもの。

Anti-Gravity Wheel

普通であれば、余りの重さとモーメントに手首は下へと押しやられるはずで、こんなマッチョな男性が短く持って肘で支えてもこれくらいしか持ち上がりません。
Anti-Gravity-Wheel (2)

しかし、実は金属の塊の部分は重いホイールになっていて、これを電動工具で回転させることで歳差によって不思議な力を得ることができるのです。実験ではホイールを毎分1000回転(1000rpm)で高速回転させています。

歳差運動

歳差とは、自転している物体の回転軸が円をえがくように振れる現象のことで。歳差運動の別称として首振り運動、みそすり運動、すりこぎ運動とも表現される。

Anti-Gravity-Wheel (3)
天井から吊り下げられた自転車の車輪を高速回転させると、車輪は起き上がってゆっくりと回転しています。これも歳差運動のひとつ。この力を利用することで、彼はグリップエンドを握っても手首を傷めなかったというわけ!