NYマンハッタンにゴミの島と巨大公園!?「GREEN LOOP」構想

manhattan-sea-park (4)-lll
ニューヨクで出た生ゴミなどの有機性廃棄物はニューヨーク内で処理してしまおうという計画が持ち上がっています。

この「グリーン・ループ(Green Loop)」構想を提案しているのは、ニューヨークに拠点を置く建築設計事務所「PRESENT Architecture」。

概要

現在ニューヨーク市は、州外の埋立地へトラックを使ってゴミを長距離運搬しています。その量は年間1400万トンにも及び、運搬費用は3億ドル(約300億円)もかかっています。

manhattan-sea-park (5)-lll
水面に張り出した円形状の島は上下2層に分かれており、下層には有機性廃棄物処理場、上層には公園、菜園・園芸場、ちょっとした農園まで。

manhattan-sea-park (3)-lll
下層のゴミ処理場はニューヨークの有機性ゴミの30%を受け入れる規模。

manhattan-sea-park (2)-lll
生ゴミを回収するトラックは、ニューヨークにある各自治体を移動する必要がないように、各自治体それぞれがこのゴミの島を所有することになります。これによってトラックの無駄な長距離移動とコストも削減可能。

manhattan-sea-park (1)-lll
自分たちが出した生ゴミを肥料にして、また自分たちが食べる野菜を育てる。

とっても理に適った構想ですね。

presentarchitecture