ジルコン結晶、44億年前の世界最古の地殻と判明か

zircon-Earth-4billion-years-ago (3)-lll
アメリカ、ウィスコンシン大学の地球科学者らの研究によると、オーストラリアで採取された鉱物「ジルコン」の結晶がこれまでに見つかった「地殻のかけら」として最も古いことが判明しました。

2001年、西オーストラリア州パース北郊にあるジャックヒルズの丘陵地帯で採取された結晶を、ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin–Madison)のジョン・バレー教授(Professor John Valley)らが分析し、専門誌「ネイチャー・サイエンス」の最新号に成果を報告しました。

zircon-Earth-4billion-years-ago (1)-lll
結晶のサイズは最も長い部分で400マイクロメートル(400 μm=0.4mm)と極小サイズ。通常は半透明の赤色に見えますが、電子線を照射すると青く光ります。

結晶の元素を原子レベルで解析し、44億年前に生成されたと割り出しました。

初期の地球で生成

zircon-Earth-4billion-years-ago (2)-lll
地球の年齢は45.4億歳。この結晶は原始の地球で生成されたことになります。

結晶に含有する酸素同位体の比率を調査したところ、当時の地球はこれまでに考えられていたよりも気温が低く、水が存在できる環境だったことも判り、この時期から既に生命が誕生していた可能性もあるといいます。

今までに発見された最古の動物の化石は約6億年前ですが、それ以前のどの時点で生命が誕生したかについては証拠は得られていません。

source