美容や化粧でやっちゃダメ!お肌に良くない14のこと

reryrt4wse4t4wu (1)
正しい見識を持たないままに、思い込みや人から人への聞き伝えで不確かな知識によるスキンケアをしている人は案外多いのかもしれません。

今回はお肌に関する間違った14の項目をご紹介!今まで誤った知識でお手入れしてきた人達は、これさえ気をつけておけばお肌のコンディションが改善されるのでは。女性陣のみならず男性陣も必見!

  1. お肌に透明感を出したり明るくする為にレモン汁を使う

    reryrt4wse4t4wu (15)
    レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系果物の水素イオン指数はpH2(強い酸性)を示し、長期的のみならず短期的にもお肌に良くありません。

    肌に塗ると、皮膚のバリアの役割を果たす酸外套(さんがいとう)が破壊され、乾燥してヒリヒリしたり火傷のような症状を引き起こします。

  2. 日焼け止めを塗り忘れる

    reryrt4wse4t4wu (14)
    アメリカ国立癌研究所によれば、皮膚癌のうちで最も危険なタイプ「メラノーマ(melonoma, 悪性黒色腫)」はアメリカ国内で最もよく見られるガンのひとつ。SPF15(太陽防止指数, SPF, Sun Protection Factor)の日焼け止めを毎日塗ることで、発症リスクを40%~50%低減させることが可能だといいます。

    FDA(Food and Drug Administration, 食品医療品局)が推奨する効果的な日焼け止めの量は2mg。保湿剤やファンデーションよりも、日焼け止めを気に留めることの方が重要。

  3. 複数の新製品を同時に使用する

    reryrt4wse4t4wu (13)
    化乳酸やグリコール酸といったAHA( α-ヒドロキシ酸、フルーツ酸)は、体内のレチノイド(ビタミンAのような働きをする物質)を不安定にさせてその働きを損なってしまうため、高価なアンチエイジング化粧品をほかの多くのスキンケア化粧品と一緒に使うのは無駄。

    また、今まで使ったことの無い化粧品を複数同時に使用して吹き出物やアレルギー反応が起こった場合、どの化粧品に原因があるのか特定することも出来ません。初めて使う化粧品は必ずパッチテストを行い、適正を確認してから導入していくことが賢明。

  4. ハイエンドを理由に高価な化粧品を選択する

    reryrt4wse4t4wu (12)
    高価格=高効用というプラシーボ効果は望めるかもしれませんが、高級な化粧品ほど高品質だということと、その化粧品がその人に適合するかはまた別の話。

    皮肉な話ですが、大衆向け化粧品のほうが研究と開発に多くの資金をかけることができるらしく、もしそれが本当なら高級なドゥ・ラ・メール化粧品から、安価なオレイ化粧品への乗り換えを検討をする必要があります。

  5. 成分を確認せず、「オーガニック」や「天然由来」を見て購入する

    reryrt4wse4t4wu (11)
    ココナッツやシアーバターといった天然由来成分を含む化粧品は体内にあまり蓄積しないという事実がある一方で、最初に出てきたようにレモンは皮膚に良くありません。

    天然由来の成分=肌に優しいものだと思い込んでいる人は多いですが、それは間違い。動植物たちが作り出す”天然成分”は、人間のために生成しているわけではなく、自分達が生きるために作り出しているものに過ぎません。

    高級化粧品でも有害な硫酸塩が入っていることがあるので、成分チェックを怠ってはいけません。

  6. 脂性肌だからと、一切のオイルを避ける

    reryrt4wse4t4wu (10)
    皮脂は皮脂腺に存在する物質で、過剰に分泌されるオイリースキンはにきびの原因にもなります。逆効果に見えるかもしれませんが、適度な量なら健康的な潤いを与えます。

    よくある話が、にきびを治そうとして洗いすぎたために更に皮膚が皮脂を過剰分泌し、にきびが悪化するというもの。保湿による適度な潤いがあったほうが皮脂バランスは良くなります。
    オイルクレンジングに含まれる油分には石油などの鉱物油のような成分が使われています。これはオイルでほかのオイルを分解するという化学的な洗浄を行っているので、脂性肌ではない人にも使えます。

  7. お肌のタイプを無視する

    reryrt4wse4t4wu (9)
    自分の肌の性質やタイプを把握することは、化粧品選びにあたって大切なことのひとつ。乾燥肌にサリチル酸の入った化粧品を使うと炎症を起こしてしまう可能性も。肌質がわからない場合は皮膚科医、エステティシャンに相談するのが無難。

  8. クラリソニック(音波洗顔)を乱用する

    reryrt4wse4t4wu (8)
    使いすぎは禁物。スクラブなどを使わず、ブラシを優しく肌に当て、一週間に2、3回で十分。ブラシは清潔を保つこと。

    角質が落ち過ぎると、皮膚は敏感になります。もしお肌がピカピカしていたら、それは角質を剥がされた肌が元に戻ろうとオーバードライブモードに入っている証拠。

  9. 化学ピーリングではなく物理ピーリングを選択する

    reryrt4wse4t4wu (7)
    自然指向の人は、”化学”という言葉を聞いて恐怖するかもしれません。しかし、化学物質が古い角質や油分を穏やかに取り除き、物理的な角質除去のような働きをしてくれることもあるのです。

    効果的に老廃物を肌から取り除くためにAHAS(α-ヒドロキシ酸)やBHAS(β-ヒドロキシ酸)が使用されているさまざまなピーリングが、pHや肌質別にたくさんあります。敏感肌や初心者向けには乳酸を使うという方法もありますが、まずはテスト!クレンジングパッドには化学薬品が使われているものも揃っています。

  10. 角質を落としまくる

    reryrt4wse4t4wu (6)
    多くの人がスクラブを好んで使いたがりますが、荒削りな粒が皮膚に細かい傷をつくるので有害。やりすぎると、肌を健康に保つバランスが崩れる⇒肌が乾燥⇒皮脂の過剰分泌⇒にきびという悪循環に。 効くーっ!と感じているならそれはかなり肌に悪いという証拠です。

  11. ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムの製品の使用

    reryrt4wse4t4wu (5)

    聞いたこともない化学物質でピンと来ないかもしれませんが、泡立つ洗顔料にはラウリル硫酸ナトリウムが含まれている場合が多く、洗った直後は爽快ですが炎症を起こすこともあり、毛髪の生え際やアゴに吹き出物が出る人も。脂漏性湿疹や乾癬(かんせん)の人は特に硫酸を避けるべきです。 この成分はシャンプーやチューブ入りの歯磨き粉にも含まれています。

  12. 汚れたメイクブラシや化粧道具を掃除しない

    reryrt4wse4t4wu (4)
    たくさんの化粧具のうち、もっともよく使うブラシにはコンシーラーやアイシャドウがべったり付着していますが同時にバクテリアも沢山付着しており、目や口やドレッサーに触れることで彼らに栄養を供給し、彼らはより増殖します。

    一説によれば手入れしないブラシは便器より不潔だとか。掃除は小まめに。

  13. メイククレンジングに依存して顔を拭く

    reryrt4wse4t4wu (3)
    夜遅くに帰り、疲れ果てているのでそのまま寝てしまいたい場合、拭くだけのメイク落としは大変重宝します。しかし、これは洗い流さないので化学物質が肌に残って炎症を起こすことも。一部の製品には香料がついているものもありますが、ドライスキンや敏感肌だと合わない可能性が高いのでちゃんと洗って保湿しましょう。

  14. 手で顔を触る

    reryrt4wse4t4wu (2)
    手の平は思った以上に汚いことがあるので、化粧前には手洗いすることが肝要。瓶詰の化粧品は専用のへらを使い、直接手は触れることは極力避けましょう。雑菌の温床となります。

source