下水道で魚釣りをしたら捕獲出来る意外なターゲット(動画)

人孔(マンホール)や排水会所枡の上から釣り糸と垂らすと、思わぬ魚が釣れるものです。アメリカ・テキサス州ヒューストンのすぐ西に位置する町ケイティに住む15歳の高校生カイル・ネーゲリ君(Kyle Naegeli)は、実際にマンホールを利用して排水溝から巨大な魚を釣り上げています。釣り場は彼の自宅からたった十数メートルの道路脇の側溝。

Big Mudcat in the Sewer

キッカケはお父さんとの賭け「もし側溝で魚が釣れたら5ドル」

この奇妙な趣味は4年前に始まりました。
カイル君は父と「もしも魚が釣れたら5ドル」という賭けを行い、数匹のブルーギルを釣り揚げて見事5ドルをゲット。そこから彼はこの趣味にハマりました。

思ったよりも大きなナマズをゲット!餌にはサラミかソーセージのようなお肉を使用。ナマズのほかにもブルーギルなども釣れるといいます。

専ら雨水を流すための暗渠の排水溝、排水路の管

動画に映るマンホールの蓋の表面には(EAST JORDAN IRON WORKS)「STORM SEWER」の刻印があり、専ら雨水を流すための「雨水管」なので彼の触る水や魚は決して汚くありません。

下水には様々な種類があります。この地域の下水排水は分流方式で、「雨水」は「汚水」や「雑排水」とは別々の配管を通っています。

暗渠
暗渠とは、蓋があったり地下に埋設されていたりして上から水面が見えない状態のこと。
汚水
汚水とは、糞尿便が含まれるトイレからの排水。
雑排水
雑排水とは、キッチン・洗面所・お風呂からの生活排水。最終的には汚水と一緒になって下水道を流れる。

Sewer Fishing: My Three Biggest Catches

大きなナマズ3連荘!太いタコ糸のような糸の長さは約3メートル。その先に釣針と魚の頭。

魚は雨水排水の接続先にある溜池から遡上

なぜこんなに大きな魚がポンポンと釣れるのか不思議ですが、近所の池まではおよそ150メートルほどで、カイル君は「配管を伝って色んな魚が遡上して迷い込んでいるようだ」といいます。

Sewer Bass fishing (part 2)

こちらはブラックバス。ちゃんとロッド(釣竿)とリールを使い、針先にはルアー(疑似餌)の一種ワームが付けられています。

芝生の勾配からして、周りの芝草に降った雨をこの枡に集めているようで、やはり専ら雨の水を集める「雨水枡」のようです。

さすがに「汚水」では水が汚すぎて棲めないかもしれませんが、こんなところにもお魚さんが棲んでいるんですね。驚き!