イキすぎ?編集しまくったフォトショップ美女

このスレンダーな美女はフォトショップ(Photoshop)で編集された偽物です。この美女の元画像と修正後の画像があまりに違いすぎると、話題になっています。

Adobe Photoshop

アドビ フォトショップとは、アドビシステムズが販売するビットマップ画像編集ソフトウェアのことで、主に写真編集(フォトレタッチ)としての役割を担うソフトウェアとして、画像加工、イラストレーション、印刷業界などあらゆる画像分野で使用されている。

Standard Of Beauty & Photoshop | Model Before and After

動画では、横に寝転がってポーズをとるモデル女性、タレントのサリー・ギフォード・パイパーさん(Sally Gifford Piper)の顔面パーツの引き伸ばしや位置変更をゴリゴリ行い、贅肉をそぎ落としています。脚の長さも思いっきり伸ばし、20センチくらいは長くなってそう。

化粧をする前の姿
メイクアップした姿

でもこれはただメイクをしただけで、画像の加工は行っていません。この画像を元に、加工をおこなっていきます。

加工後の姿

贅肉は落とされ、肌は白く綺麗になり、首や足も長く修正されています。

メイク前の顔
メイクした顔(フォトショップ未使用)
フォトショップで加工後の顔

こんな編集工程のタイムラプス映像がなければ世の中にはこんな凄い美人もいるんだなぁと誰もが騙されそう。

source