大型貨物飛行機が極小空港に誤着陸して騒ぎに!

yh5r48er5t7u6 (1)

2013年11月20日夜、アメリカ・ボーイング社の大型貨物機「ドリームリフター(DREAM LIFTER)」が目的地を間違えてカンザス州の小さな空港に着陸し、周囲は一時騒然となりました。


この貨物機はニューヨークのケネディ国際空港からカンザス州のマコネル空軍基地に向かっていましたが、約14キロ離れたジャバラ空港という、管制塔もない小さな空港に誤って着陸。

Boeing 747 Cargo Jet Lands Terribly Wrong At Wichita Airport


sub


ジャバラ空港の滑走路は約1.9km(6100ft)しかなく、貨物機が離着陸をするためには910メートル短く、すぐには離陸できませんでした。突然現れた巨大貨物機を一目見ようと見物人が詰めかけ、周辺では渋滞や交通事故まで発生する事態に。
誤着陸から16時間後、空港を無事離陸して巨大な飛行機が宙に浮かぶと、見物客から拍手。20分後には、本来の目的地である空軍基地に着陸したということです。

yh5r48er5t7u6 (8)

yh5r48er5t7u6 (7)

yh5r48er5t7u6 (6)

yh5r48er5t7u6 (5)

yh5r48er5t7u6 (4)

yh5r48er5t7u6 (3)

yh5r48er5t7u6 (2)

yh5r48er5t7u6 (9)



source