盗まれたオートバイが46年後に持ち主の手元に戻る!

e5et6e45y6r56t
  • オマハに住む男性は1967年、裏庭に停めて置いたバイクを盗まれた
  • 46年後の2013年、海港から日本へ輸送される直前に発見された
  • 当時の価格は3万円だったが、現在では90万円ほどの価値がある
アメリカ・ネブラスカ州の男性が、46年前に裏庭から盗まれたオートバイを取り戻しました。
1967年2月、男性は裏庭に停めておいたオートバイを盗まれて、盗難報告を出していました。当時は300ドル (約3万円) 程で、保険はかけていませんでした。

そして46年後の2013年11月5日、アメリカ税関国境警備局がバイクを発見。当局は黒と青の1953年型トライアンフ・タイガー100( the black and blue 1953 Triumph Tiger 100)が先週にロサンジェルス港で押収されたと発表しました。オートバイは申告価格で9000ドル (約90万円) の積み荷として日本へ輸送される直前でした。

持ち主は現在もなおネブラスカ州のオマハに住んでいる70代の老人で、カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールは持ち主のもとへオートバイを返す予定となっていますが、名前は公表されていないということです。


source