インド政府、ヒンズー教賢者が夢で見た「お告げ」を信じて金1000トンの発掘調査へ!

golden-bar
ヒンドゥー教の賢者が夢で見たという、” 金1000トンが宮殿跡地に埋蔵されている “という「お告げ」を受けて、インド政府は発掘調査に乗り出しました。

ヨガ行者のスワミ・ショーバン・サーカー氏は、「19世紀の支配者が保有した金の夢を見た。また、それを掘り起こすようにともお告げを受けた。」としています。

インド考古調査局はこれを信じてインド北部ウッタル・プラデーシュ州の村に考古学者チームを派遣しました。

インド人は金好きで、全国民で1日平均2.3トンもの金を購入してます。
ただインドは金を輸入に頼っており、年間約540億ドル(約5.3兆円)にも及ぶ輸入が経常赤字拡大と通貨安(ルピー)の要因に。 賢者が夢で見たという金1000トン(400億ドル)が発見されれば、輸入1年分にほぼ匹敵することになります。

賢者は、「見つかったらそれを使って経済危機を乗り切って欲しい」と話しています。

source