dmvA社が設計するマイクロカプセルハウス「Blob VB3」がネスティング本能を満たしてくれる!


まん丸で卵のような形をした建物。
ベルギーの建築設計事務所dmvA社によってデザインされた「Blob VB3」というこのジャイアントエッグモバイルユニットは、こんなにコンパクトなのにベッドとシャワーとキッチンまで付いており、カプセルハウスとして機能します。

オフィス、ゲストルーム、ガーデンハウスなどの用途を想定して設計されたこのカプセルハウスの床面積は215 平方フィート (= 19.97 m2 = 12.08帖 = 6坪)の中に、ポリエステルと合板シェルによる様々な棚やキッチン、シャワールーム、ベッドスペースなどが盛り込まれています。

天井にはサンルームも完備。
照明をつけるとまるで黄身の詰まったタマゴみたい!


使用可能なスペースを最大限に引き出すために、出入り口は2つ設けられています。







source