コンピューターマウスの発明者、D・エンゲルバート氏が死去

sdefxdsASdf
2013年7月3日、コンピューターマウスなどの発明で知られるアメリカの発明家ダグラス・エンゲルバート氏が死去しました。88歳でした。彼の長女によると、死因は腎不全だということです。

1968年、スタンフォード研究所(SRI)のコンピューター科学者だったエンゲルバート氏はサンフランシスコでコンピュータ技師ら約1000人を前にしたデモンストレーションで初めてマウスを披露し、それと同時にビデオチャットの技術や、後のweb構造の基礎となる「テキストリンク」に関するアイデアも発表しました。

これまでとは違う画期的なアイデアが数多く発表されたこのデモは、その後「全てのデモの母」と呼ばれることとなりました。

The First Mouse

巷では「PCのマウスはジョブズのアイデア」だという説が一般的ですが、エンゲルバート氏が発明したマウスに関する特許はのちにアップル(Apple)に売却されており、アップル社の故スティーブ・ジョブズ氏や米Microsoft(MS)のビル・ゲイツ氏などの起業家らがエンゲルバート氏の初期のアイデアを利用して名声を掴む一方、同氏の名は世から忘れられていったという経緯もあります。

source