台湾の鴻海がアメリカのMozilla財団と開発提携すると発表!「firefox」搭載機種展開へ


2013年6月3日、台湾の電子製品受託生産大手である鴻海精密工業(ホンハイ)は、米非営利団体Mozilla(モジラ)財団と提携し、Mozillaの開発するOS(オペレーションシステム)「firefox」を搭載したスマートフォンやタブレットPCなどの商品を展開していくことを明らかにしました。

現在既に5つ以上の機種を開発中とのことですが、今回具体的な商品発表はありませんでした。ホンハイが現在生産しているモバイル機器は、Appleの「iOS」、Googleの「Android」搭載機が大半を占めています。

146e7478
ホンハイは台湾南部の高雄市の新規部門で500~1000人を採用し、ハード、ソフト、コンテンツ、サービスの開発をMozillaと共同で行い、現在の基幹事業である受託生産からの多角化を目指すとしています。

source