アメリカで脳外科手術を受けた男性が手術中にギター演奏してツイッターで実況中継!

2013年5月23日、Twitter(ツイッター)で、脳外科手術の施術中にギターを弾くというとんでもない荒業を見せた男性の動画が公開され、話題を呼んでいます。

アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で行われたこの手術は脳にペースメーカーを埋め込むためのもので、手術を受けたこの男性患者は俳優兼ミュージシャンのブラッド・カーターさん(39歳)。7年前から手の震えに悩まされていたといいます。

医療チームは本人の了承を得て、手術の様子をツイッターで実況するとともに動画をアップロード。カーターさんは手術の最中にギターを演奏し、病院のスタッフは運動能力に影響がないかどうかを確認しながら手術を行いました。今回の手術後、手の震えは収まりカーターさんのギター演奏スキルは大きく改善したそう。

コメントを残す

CAPTCHA